中古車買い取りの相場を調べるのはこんなに楽

一昔前に車を売却しようとした場合には、買い取り業者の店舗までいちいち足を運んで、それぞれで見積もりを取り比較しなければなりませんでした。
買い取り価格も相場表を使った査定でしたので、リアルタイムではない分、業者もリスクを抑えて買い取り価格は安く提示されていました。

 

しかし最近ではインターネット上に買取専門業者のサイトが開設されており、サイトを通じて見積もり依頼ができるようになりましたので、かつての手間を大幅に省く事ができるようになりました。
加えて買取業者が複数集まった一括査定サービスを利用すれば、中古車買い取りの相場をすぐに知る事が出来、業者の比較というところまでワンストップで行うことができますので、このあたりのメリットは非常に大きいといえます。

 

ただネットを介して知ることができる中古車買い取り価格というのは、サイトからの申し込みで業者に伝える車の情報を元にはじき出される事になりますので、その金額は最終的な売却価格とは違います
業者の申し込みページを見てみると、車種や年式をはじめ車の状態・事故歴・走行距離・装備など様々細かく入力する事になるのですが、実際に業者に持ち込んだときの車のチェック表と比較すると1/100にも満たない項目しかないのです。

 

そうした事から、より正確な査定価格を知ろうとした場合にはネットで得られた金額では情報として不十分であり、その後のステップとしては少なくとも一度は業者に持ち込んで実際に見てもらわなければなりませんので、正確な査定価格を知るにはその点の手間がかかることは考慮しておきましょう。

 

ですから上手な使い方としては、一括査定サイトをまず使ってみて、その後にこれはと思った業者に出張査定を頼んでみるのが良いでしょう。

 

 

まずは、信頼のおける一括査定サイトを使って相場をリアルタイムで知ってください。

 

 

 中古車買い取りで損をしない3つのコツを守るべし

 

 必ず複数業者から見積もりを取る事

 

 一括査定サイトでクールに比較する事

 

 必ず最後の業者まで話を聞き、即決は絶対にしない事

 

それでは、高額査定を出す可能性が高い一括査定サイトを掲載します。
(複数のサイトを使う事でより高き査定額が出ますので、2サイト、3サイトと利用しましょう)

 

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

かんたん車査定ガイド

 

ズバット車買取比較

 


中古車買い取りの失敗例

中古車買い取りを利用するというのは人生の中でそう多い事ではないのですが、やり慣れないゆえに失敗してしまうケースも稀にあるといいます

 

では車の買取査定という場面ではどの様な失敗例があるのでしょうか、もっともよく聞くのは車を安く売却してしまったという話で、中には数万円から十数万円という大きな単位で損をすることもあるといいます。

 

一般的に車を売却する場合には複数の査定を受けた上で一番高い金額を出してくれた業者に出すものですが、面倒だとばかりに一社しか持ち込まずその業者に売却すると、大抵は市場価格より安く売るという事態になりやすいのです。

 

というのも、複数の業者に査定を受ける中ではご自身の車のおよその市場価値が分りますから、価格交渉に際してはそれを一つのネタとすることもできるのですが、最初に持ち込んだ業者に売却してしまえば交渉の余地は無いのです。

 

こういった事の無いように、必ず中古車買い取りを行う場合は、多くの業者から話を聞き、すぐに売却しないようにします。
実際に中古車買い取り価格をたくさんの業者から聞かないと相場はわかりません。
ネットでいくら大まかな相場を聞いても実際の相場はリアルタイムで動いています。


中古車買い取りからお支払いはどれくらい?

車の査定を受けて売却を決めた後には所定の手続きや契約を行うことになるのですが、それら諸々の手続きが終わってからどれくらいで売却したお金が支払われるのでしょうか。
できれば査定を受け車を納めたその日のうちにお金を受け取りたいというのは誰もが望むところかもしれませんが、一般的に売却をしに店舗に訪れる際にはご自身の銀行口座を控えたメモを持参するように言われます。

 

車の代金を決算する手段として多くの買取業者は銀行振り込みが指定しているのですが、これは一日に十数台の取引を行う業者側の理由によるもので、決算に用いる大金を店舗に保管することができないという事情があるのです。

 

では銀行口座を通じてお金が振り込まれるのは、売却の契約をしてからどれくらいとなるのでしょうか。
これは業者により日付はまったく異なってくるもので、最短で2日後とする場合もあれば10日以内としている場合もあります。
平均的なところで言えば3〜4日後とする場合が多いようですが、
もちろん営業日の話となりますので、間に休日を挟んだ場合には1,2日は後ろにずれる事になります。

 

また査定を受けた方によっては現金の直接手渡しを希望される場合もあるかもしれませんが、このあたりの対応もそれぞれの業者で変わってくることになります。

 

業者によっては数日後に店舗で手渡ししてくれる場合もあればまったく断られてしまう事もありますので、そのあたりはお店の方針をよく聞いたうえで相談してきましょう。


車買取の実体験をご紹介

5万円の下取り価格が車買取額が20万円に

新車を購入しようとディーラーに行っていろいろと交渉していました。
ついでなので、ここで下取りしてもらおうかと思って自分の車を査定してもらったところ、下取り価格はたったの5万円と言われてしまったのです。

 

もちろん、あまり高くはないだろうな、とは思っていたのですが、まさか10万円を切るどころか5万円とは…。
あまりのショックで車を購入するのすらためらってしまいました。

 

そこで友人の勧めで、3社ほどの車買取業者に査定を依頼したところ、どこも10万円オーバーの査定額を出してきたのです。
それをディーラーに伝えると、しぶしぶ10万円までならOKということになりました。

 

ですが、それでも車買取業者のほうが高かったので、ディーラーとの交渉とともに車買取業者とも何回も交渉を続けてみました。

 

すると1社が18万円まで出すので、即決して下さい、とのこと。
5万円からすればかなりのアップですから、これで売買契約を済ませても良かったのですが、ダメ元で「じゃあ、きりが良いところで20万円ではだめですか?それなら今すぐ売ります」と言ってみました。
すると査定員が会社へ電話をかけて、なんと20万円でOKが出たそうなのです。

 

まさかと思っていたのですが、最初の下取り額5万円から、15万円アップの20万円にまでなるとは思ってもみませんでした^^

 

ディーラー下取りの段階で面倒だから5万円でも仕方ないか、どこでも同じくらいなんだろうな、と思って諦めて契約しようと一瞬思っていたので、踏みとどまって正解でした。
やっぱりちょっと手間でもいろいろな業者に査定を出してもらった方が良いですね。

廃車にするしかないと言われた車が買取可能に

車を事故ってしまって、年式も10年以上経過しているし、走行距離も10万km近くいっていたので、修理するほどでもない、買い換えだな、と思っていました。
そして予想はしていたのですが、近くの整備工場に持って行くと、やっぱり直すよりも廃車にした方が良い、とのこと。
諦めて廃車手続きをしようと思っていました。

 

そこで耳に入ってきたのがラジオCMです。
「事故車・不動車でも買取可能」とかなんとか。
まぁ、そうはいうものの、結局買取してくれないんでしょうね、と半分諦めてダメ元で電話をしてみました。
出張査定をしてくれるとのことでしたが、ちょっとこんな車をわざわざ見に来たって…と半分申し訳なく思っていたのです。

 

恥ずかしながらも出張査定してもらうと、なんと3万円も出してくれるとの事。
何かの間違いでは?と思っていたのですが、近くにいる父がそこで「もっとなるだろう、もう一声」等という始末。
「ちょっと、せっかく3万円で買ってくれるというのに」と言いかけると、査定員がじゃあ5万円で、これ以上は無理です。
とのこと。
これには自分もビックリでしたし、父もちょっと驚いていました。

 

おかげで、本来は廃車費用がかかるところをなんと5万円も浮いてしまいました。
まぁ、最後の一声で2万円勝ち取ったので、父には1万円あげましたが、本当に良かったです。
だけど、今思うと、もう少し他の業者にも査定してもらったら、もう少し高くなったのかな、とも思っています。

事故車でも高価車買取してもらえた

新車で購入してから、2〜3年くらいで事故を起こして、事故車扱いになってしまいました。
年式はまだ新しいですし、修理費用もなんとか保険でいけたので、修理して乗り続けていたのです。
ただ友人から常々「事故車だから、乗りつぶさないとダメだぞ。
買取なんかしてもらえないから」と言われていました。
確かに事故車扱いになると買取額が低くなる、買取してくれれば御の字、買取を断られてしまうこともある、という話は聞いていました。

 

そのため、ずっと乗り続けていたのですが、やはり新しい車に乗りたくなってくるもので、ダメ元で査定してもらうことにしました。
だって、中古車のチラシをみると「事故車・修復車」という車が売られているのですから、もしかしていくらかにはなるのかなと。
最初は近くの中古車販売店に行ってみると、「事故車は下取りしないよ、どこでも買取ところないよ」とのこと。
やっぱり…、と半ば諦めていたのですが、ネットで知った車一括査定サイトを最後に利用してみようかと思いました。

 

いくつかの業者に査定を依頼したところ、なんと6社のうち4社が買取してくれるとのことでした。
しかもどれも5〜7万円くらいですので、ビックリです。
さっそく連絡をしてみると、査定員が自宅までやって来てくれました。
状態を見て、「今売ってくれるなら10万円で」とのこと。
ですが、他の業者も来る手筈になっていたので、一旦保留して他の業者の話を聞きました。
10万円で買取してくれるというところがある、と話をすると、ウチでは15万円まで出します、ということでした。

 

結局、15万円現金払いで売ることにしました。
まさか廃車も視野に入れていた車が15万円になるとは、やってみるものです。

しつこく粘っていたらモデルチェンジで車買取額ダウン

車買取は複数の業者に競わせるのが基本、と聞いていたので、とりあえず6社ほどから査定をもらい、そこから交渉を始めました。
交渉はただ「A社ではこの金額だったのですが」と言うだけですので、それほど難しくありません。
ただ、その交渉も仕事の都合で土日祝日にしか出来ないので、6社を一回りするのに2週間はかかってしまいます。
面倒くさいな、とも思いながらも1万円でも多くと思っていたので、しつこく粘って交渉を続けていました。

 

当然高い買取額になったら、またさっきの業者にその値段を持って交渉、それを何度も繰り返し、業者もいらいらしていたのはわかりました。
じゃあ、この1周で終わりにしよう、今週末にどこかに契約しようと思っていた矢先、なんと自分の車のニューモデルが発表になってしまったのです。
これはやばいと思って、業者に行って「この間の価格で売ります」というと、「この車はニューモデルが出てしまったので、この査定額では買取できません」とのことでした。
当然、他の業者に行っても同じ答えです。
なんと交渉を始めた頃の車買取額よりも低くなってしまったのです。

 

モデルチェンジは読めないのは仕方ないですけど、もう1週間早く契約していればこんなことにならなかったのに、と後悔しています。
よく考えてみると自分の車は最近モデルチェンジしていなかったので、時期といえば時期だったんですね。
それを最初から予測できていれば(おそらく出来ていたはず)、損をしないで済んだのにと後悔の毎日です。